スロヴァキアの猫たち①

買い物や散歩などで町内を歩いていると、度々野良猫に遭遇します。特にアパート付近で見かける猫は、そのアパートの住民の誰かが定期的に餌をあげていて、そこを根城とした地域猫のようになっていたりします。ですからその場所に行けば、高確率でその猫に会うことが出来、猫好きとしては嬉しい限り。彼らは野良猫なのに意外とフレンドリーで、近づいて来て頭や体をスリスリとこすりつけてくることもしばしば。中には警戒心の強い猫もいますが、それはその猫の性格も勿論あるとは思いますが、その地域の人間との係わりあい方も関係しているように感じます。日本の私の住んでいた地域で見かける野良猫というと、大抵ヒトとは距離を保っていて、少し近づいたら即逃げる、ということが多かったです。そうでないと生き延びることが出来ないのでしょう。それに比べるとスロヴァキアの野良猫たちはフレンドリーで、それは即ち日本の野良猫たちよりも平和に暮らしているように察せられます。それならばここは、猫たちにとっては悪い環境ではないのかなと思います。

そんなスロヴァキアの(主に)野良猫たちの写真を、枚数が溜まるごとにまとめてアップしていきます。猫たちの背景にはそのままのスロヴァキアが写っているので、それもまた面白いのではないかと思います。






私のお気に入りの白×黒猫。あるアパートの植え込み付近によく座っています。


この不愛想さが可愛いです。





ストレッチ中の猫。

別のアパートの玄関前にて。この猫は年が若いせいかとってもフレンドリーで甘えたがりで可愛い子です。





また別のアパート前にて。必死に何かを捕まえようと手を伸ばしていましたが、

「あらやだ、見てたの?」みたいな表情でこちらを見た後、また必死に手を伸ばしていました。このアパートは道路からアパートの玄関までの敷地の広さが結構あって、住民の方々が植えた草花が季節ごとに花を咲かせていて綺麗なのです。





町の中心部へと続く場所で時々見かける猫。この子は毛並みが良いので飼われている猫だと思われます。夏場は夕方になるとこの場所で座っていることが多いです。





町中の惣菜屋さんに度々出没する猫。食べ物をくれる時間になるまで待っている最中と思われます。




この総菜屋さんに出没する別の猫もいます。

ドアが開いていたので中に入ったら、

店員さんに「まだちょっと待って猫ちゃん」と言われ、外に出されて


食べ物をくれるまで「しょーがないで待つか」と待機中。



町にあるカトリック教会の敷地内にある、第一次世界大戦の戦没者碑の所でお昼寝中のサビ猫。この石碑には、この町から戦争に行って戦死した方の名前と没年齢が刻まれています。


今回はここまで。その②をお楽しみににゃ!




青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000