バスルームの改装にむけて

私たちが現在住んでいるアパートは共産時代に建てられたものです。

16年前にアパート内の大がかりなリフォームが行われましたが、それ以来一切改装なしで来た為、トイレに水漏れが発生したりしてあちこにガタがきている状態です。


今がその時だ!!ということで、バスルームの改装をすべく、水回りのショールームをあちこち見て回っていたこの頃であります。

結局近所のショッピングモール内にあったショールームに工事をお願いすることにしました。

決め手は、そこのスタッフの感じが良かったのと、丁度私たちがいいな~と思った商品がセール中だったからです。


結局、シャワー一式セットとトイレ二つ、更にセントラルヒーティング用のヒーティングユニットも交換することとなりました。


ヒーティングユニットの交換は、来週の月曜日行います。

一日仕事になるそうで、丸一日業者の人の監視をしなければならないので、家にいるのにも関わらず、何も出来そうにありません・・・。想像するだけで、今からちょっと苦痛・・・。


トイレは、私たちが選んだ商品が人気商品の為、現在入荷待ちです。

三週間はかかると言われましたが、既に三週間過ぎてる気がします。

でも、待つって言ったんだから、待つしかないです。文句は言いません。


こちらのショールームのスタッフさん、あまりガツガツしてないので快適に見て回ることが出来ました。


シンプルですっきりと、広々とした浴室は憧れますね。

左手のシャワールーム、洗練されてていいなぁ。


そういえば、こんな商品、初めて見ました。

シャワー派の多い、こちら独特な商品かと思ったら、日本でも取り扱ってるんですね。


でも日本でこれは売れるのでしょうか。

お風呂派の方が大多数だと思うので、これにお金をかけるよりも違う部分にお金をかけたいと思う方が多いんじゃないかと思いますが、実際どうなんでしょう。

トイレの写真は敢えて取りませんでしたが、洗練されたデザインのものばかりで、見ていて興味深かったです。


そういえば、イタリアは軟水って本当なんですかね!?

カタログにイタリア製品が載っていたのですが、それを見た店員さんが「同じ硬水のドイツ製品から選んだ方がいいわよ」と言ったのです。

イタリアは軟水だから、製品が硬水向きに作られていないんだそうです。イタリアも硬水だと思っていたのですが、違うんですかね~。ググってもイタリアは硬水、と出てくるのですが、場所によって違うのかな。

もしご存じの方がいらっしゃたら教えてください。

青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000