冬至 - Zimný slnovrat - Kračún

朝目覚めると薄暗く、外を眺めればどんより曇り空、午後四時過ぎるとあっという間に暗くなってしまい、冬場は天候の影響を受けて何となく晴れやかな気分になれる日が少ない気がします。


そんな中で冬至は、この日を過ぎれば段々日が長くなる!という、ポジティブな気分を運んでくれる日です。私は幼高大とカトリック系の学校に行き、幼稚園でマリア像の前でお祈りする事を覚え、小学生の頃は「みんなの聖書」を繰り返し読み、大学では神学部向けの授業を取ってもみたりもして、仏教よりもキリスト教の方をずっと身近に感じる人間ではありますが、それもクリスマスを祝う意義は見つけられません。しかし冬至の場合は実感を込めて感じる事が出来ます。木を燃やす代わりに、キャンドルに火を灯して、早く明るい日差しが戻ってきますようにと祈りました。



参照:http://www.ved.sk/clanky/zimnysln.htm


青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000