もうすぐクリスマス

早いもので、来週にはもうクリスマスですね。

12月に入ったら大型スーパーの店頭ではツリー用の木の販売が開始され、今週の月曜日に久々に近所のテスコに行ったら、駐車場に生け簀が作られ、鯉たちが寒空の下泳いでいました。

どちらも我が家は購入しませんが。

ちなみに鯉は購入後、クリスマスまでそのうちの浴槽で飼われると言われています。

そういえば夫が日本に初めて行った時に、川や池で鯉に餌をあげる日本人を見て「面白い~」と言って、お母さんに見せたいと写真をとっていました。確かにこちらの川や池に鯉っていませんね。カモは見かけますけど。鯉を食べるわけでもなく、ペットのように鑑賞するのが興味深かったそうです。


さて、三年ぶりとなるスロヴァキアでの冬を迎えている我々でありますが、三年前と比べて「前からこんなふうだったっけ?」と思うことがあります。それは、クリスマス関連の売り出しです。

キリスト教圏ですので、ここでもクリスマスはやはり特別な日。

ですが、Lidlの広告を見ているだけでも、クリスマスセールが以前よりも更に盛んになっているような気がするのです。

上記の写真は、Lidlが配布している広告から撮ったものです。以前からも勿論クリスマス時期にはこのようにちょっと普段よりも少し贅沢な食品を売っていました。しかし今年は11月の終わりから、「Christmas - full of tastes and experiences」のキャッチコピーの元毎週展開されております。私、クリスマスへのテンションがそう高くありません。何というか少し、この『押せ押せ感』に食傷気味であります。

うちは義母も夫もクリスマスを伝統通りに祝わなければならないという考えではなく、したい人はそうすればいいし、したくない人は別に普段通りでもいいじゃない~というスタンスなので、同じような考えの私には楽です。国際結婚して、苦痛なイベントはクリスマスなどという話を聞きますが、完全に他人事です。

義親戚・義家族との食事:義母の所に25日か26日くらいに行く予定ですが、義母には「来れなかったら別にいいよー」といわれています。義親戚づきあいは全くと言っていい程ないので会うこともない。クリスマスには食べきれないほどの食事を頑張って食べる・・・なんて事ありません。そもそも胃弱なので、たとえ出されても頑張って食べません・・・。

プレゼント:義母にあげるだけ。先ほど夫から電話があり、「母へのプレゼントに丁度いいのを今日の会合で貰ったからそれをあげよう」という提案がありました。よって今年はわざわざクリスマスプレゼントを買う必要がなくなりました。

私へのプレゼントは、先月購入した絵の作業台と絵の具ですし(これは誕生日祝いも兼ねてます)、夫へのプレゼントは・・・あったか下着や服などが売っていればそれで。私たち、特別にクリスマスプレゼントを購入して渡すという事は元々しません。そのくらいの時期に欲しいものがあったら、それを少し早いプレゼントということにしています。その方が余分な出費がなくて無駄もなくて良いです。


そういえばLidlの広告には子供用のプレゼントの特集もありました。確か先週もあったような・・・。

工具のおもちゃなんて初めて見ました。DIYする人が多いせいでしょうかね。うちにもドリルありますし。


そんな訳でクリスマスらしい過ごし方をあまりしない私ではありますが、お店にあるクリスマス商品で買ってみたいものがあります。それはLidlに売っている1.99ユーロのシュトーレン。日本に居た時からシュトーレン好きだったんです。ただね、値段が1.99ユーロと安いのでまずいんじゃなかろうかと思って、へんな所で思い切りの悪い私は買えずにいるのです。ま、高くないから、美味しくなくてどうしても食べきれなかったら、ゴミ箱にサヨウナラしてもいいかなーとも思ったり。でも、もったいないおばけが出るぞ~👻を見て育った世代なので、食べ物が不味くても捨てることが出来なくて、頑張って食べてしまうんですよ。明日は買い物日。さてどうしようか・・・。





青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000