紋章を作る



Litteræ armalesとは、紋章の授与、と言うような意味合いのラテン語です。紋章の授与は、紋章官のような法的権限を持つものによる行為であり、人やその子孫が特定の紋章を持つ権利を与えるもの,

だそうです。


紋章の構成要素のクレスト、トルス、ヘルメット、マントは全て、中世のトーナメント(馬上槍試合)から来ています。その為、使用できるヘルメットのデザインは、トーナメント用の閉じた状態のヘルメットのみだそうで、その事を全く知りませんでした。

今回紹介した紋章に関する決まりは現在のスロヴァキア紋章登録におけるものであり、他国における紋章のルールはまた違うそうです。


漫画の最後の疑問についてですが、作成した紋章は名刺に使用することも勿論できます。


参照:https://sk.wikipedia.org/wiki/Erb

   https://en.wikipedia.org/wiki/Grant_of_arms

青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000