スラヴの伝統祭り

この日は天気にも恵まれ、日中は半袖でも十分な爽やかな初夏のような天候でした。

このような民族衣装的な服や靴も売っていました。色合いが可愛いですね。

このMájは町の中心地にあるものよりももっと小ぶり。

子供たちも一緒に作業して制作されたものです。

夕方からはステージ前に火が灯され、燃え盛る炎が良い雰囲気を醸し出していました。

日没後は少し肌寒くなったので、火の近くは暖かくて快適で、

ライブ終了時にはこの辺りにも踊っている観客が沢山いました。

空いているスペースで観客が自由にダンスを楽しんでいる姿は、

ゆるくて自由で、開放感があって、

こんな風に気ままにライブを楽しんでもいいんだと気づかされ、

私にとって新たな発見でした。


ミケさんお気に入りのŽiarislavの曲のビデオを貼っておきますので、

良かったら聞いてみてください。


Žiarislav - Postoj chvíľu (Stop for a while)

自然に存在する美への感謝を謳った歌。しばし立ち止まり周りを見ようと言っています。


ŽiariSlav a Bytosti - Stúpaj stúpaj (Rise, rise)

ビデオがストーリー仕立てになっているので、

それを見ているだけでも来るものがあります。


Žiarislav - Lúka (Meadow)

自然の中で愛する者に囲まれて生きるという、あるべき生き方を謳った歌。

青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000