スロヴァキアの議会選挙2016の今後の展開が気になる

去る3月5日(土)にスロヴァキア議会選挙が行われました。

私たちの住んでいる所では、近所の専門学校の寮の一室が投票所として使われていました。投票所の部屋の前には、政党(候補者)リストが張り出されており、今回投票できる政党は23党です。



こちらでは、日本のように選挙の葉書が各世帯に配られ、それを投票所に持参するということはありません。投票所にIDカードやパスポート等、身分証明できるものを持っていき提示します。政党リストを受け取り、自分の入れたい政党一党を選んで封筒に入れ、部屋中央の箱に投函します。



スロヴァキアでは、全国をひとつの選挙区とみなし、投票者は投票用紙に印刷された政党リストの一つを選択して投票します。また、自分が議員にしたい候補者を四名まで選んで投票することも可能です。


使わなかった残りの政党リストは、入口近くのこちらの箱に入れて投票終了です。




ちなみに投票受付時間は午後10時まで。その後開票作業となります。


選挙後の党派別勢力図。


スロヴァキアのニュースサイト、TA3様より借用致しました。



現与党であるSmer-SDは過半数取れていませんので、議会での主導権を握るためにも他党と連立を組む必要があります。


ここで簡単に各政党の説明をしておきます。

Smer-SD:中道左派のポピュリスト政党。現首相ロベルト・フィツォ氏が党首です。

SNS:保守的ナショナリズム政党。党首はDanko氏。

Kotleba- ĽSNS :今回の選挙で躍進したネオファシスト政党。

Most- Híd :ハンガリー保守政党。 党首はBugár氏。

Sme rodina:ポピュリズム中道右派政党。

#Sieť :中道右派政党。党首はProcházkaさん。

OĽaNo-Nova:右派ポピュリスト政党。

SaS:リバタリアン右派政党。 党首はSulíkさん。


Smer-SDと連立を組む可能性があるのは、今の所(3月10日現在)SNSだけですね。Most- Hídと#Sieťに話し合いを呼び掛けましたが拒否されました。しかしこの二つの党だけでは、合計64議席で半数に届きません。コトレバの所は論外なのでおいておいて、他政党と連立を組むにしても、政治スタンスが異なるので数だけ合わせようとするとおかしなことになりますよね…。そんな訳で、一体どうなるのか⁉というのがもっかの焦点なのです。

事態が動いたら、追記をしたいと思っております。





青ねこ's Life in Slovakia

中欧の小国スロヴァキアについてのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000